ほくろの除去の種類

何故こんなところにほくろがあるの?と悩んでいる方はたくさんいると思いますが、最近はほくろを除去してそんな悩みを解消しているひとが増えているようです。

日に当るごとに増えているような気のするほくろ。

ほくろはいったんできてしまえば消えるものではありません。

また、ほくろができる場所も選べるものではないし、ましてや色、大きさなども、私たちにはどうにもすることができません。

ほくろの除去の方法いくつもいくつかあり、ほくろの大きさや位置によっていろいろ変わるようですが、美容外科や皮膚科などでほくろ除去をすることができます。

短時間で簡単にできる炭酸ガスレーザーやQスイッチやグレーザーなどは、レーザーによるほくろの除去で、その他にも電気メスでの除去や、スタンダードな切りとってぬうという切除法合法、皮膚をくりぬくくり抜き法、ほくろを凍らせて退治するという凍結両方などもあります。

最近では、もぐさ、クリームなどを使ってのほくろの除去もあるようです。

自分自身でほくろを除去したという方もいるようですが、医師や専門家でなく自分自身や友人の手でほくろの除去を行うと、殺菌や黴菌が傷口に入ってしまい化膿したり炎症をおこしたりする可能性がたかくなるので、お勧めできません。

ほくろの除去は簡単に短時間で、比較的お手軽な値段でできるようです。

手軽にできるからこそ、信頼できる病院やクリニックを選びたいものです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。