Qスイッチヤグレーザー

Qスイッチヤグレーザーでほくろの除去が出来るのをご存知ですか?

このQスイッチヤグレーザーは表面が平らなほくろにのみ限って有効な方法です。

Qスイッチヤグレーザーは、ほくろ除去としてよりも、シミとり・刺青やタトゥー・アートメイクの消去に頻繁に使われている方法で、メラノサイトを破壊するのではなく、メラニン色素のみが反応します。

よって、シミのようなほくろやそばかすのようなほくろの除去に役立つようです。

このQスイッチヤグレーザー、鼻や小鼻まわりの毛穴の引き締めにもかなり効果的で、美容整形外科では毛穴縮小プランなどもあるようです。

しみ・刺青・ほくろの状態によっては数回Qスイッチヤグレーザーによる治療を行わなければいけないようですが、炭酸ガスレーザーでほくろを除去した後、Qスイッチヤグレーザーで周りや残った色素を綺麗にするなどといった方法も取られているようです。

Qスイッチヤグレーザーのいいところは、治療時間はごくごく短時間で、麻酔も必要なく、痛みも無いところです。

Qスイッチヤグレーザー施術後も、治療部分に絆創膏やテープを貼り、すぐ化粧をして帰れるなどという気軽さもあります。

Qスイッチヤグレーザー照射後は一時的に治療した部分が黒く見えることがあるそうですが、数週間後にはかさぶたになって剥がれ落ち、新しい皮膚に生まれ変わります。

新しい皮膚が強くなるまで軟膏などをぬったり、紫外線防止などをしてケアをする必要がありますが、最近ではそばかす・シミ取りのみならず、毛穴縮小で「アンチエイジング」としても、Qスイッチヤグレーザーは人気を集めているようです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。