切除法合法手術

ほくろ手術でスタンダードな手術は、切除・縫合によってほくろを除去する切除法合法です。
この切除法合法でのほくろの除去は、ごく簡単な手術で、腕の良い医師によって行われればレーザー法による除去よりも綺麗で目立たなくなります。

基本的に直径6mmを超える大きなほくろは、切除法合法が利用されます。
切除法合法は、局所麻酔をし、メスでほくろとほくろの周りを切除し、ナイロンなどの細い糸で真皮縫合・表面縫合をていねいに施し、数日後抜糸という形です。

抜糸後は手術用のテープなどを貼り、傷の拡大を防ぐようですが、術後の痛みが数日続くようです。
抜糸は基本的には約一週間後で、顔なら4、5日、手足なら約2週間と、ほくろを除去した部分にもより異なってきます。
病院やクリニックによっては、術後の傷跡の消毒のために毎日の通院消毒をする必要があります。
また、切除法合法でのほくろ除去の場合、必ずと言っていいほど傷跡が残ります。

しかし、ほくろを切除し、縫合した跡の直線が顔や手足のシワの方向に一致させるようにすれば目立たない綺麗な傷跡になり、ちょっと見たぐらいではちっとも分かりません。
切除法合法では、ほくろのサンプル(標本)をとり、病理検査をすることができ、ほくろが良性か、悪性であるかを検査できます。
大きなほくろでメラノーマなどを心配している人には、病理検査ができないレーザー法でなく、この切除法合法が適しています
切除法合法の唯一の欠点は、抜糸をするまで、傷口を直接洗えないことです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。