もぐさ

ほくろ除去の方法の一つにもぐさのお灸があります。
お灸によるほくろ除去は、特許も取得しており、信頼できる除去法のひとつです。

ほくろの除去の場合のお灸には一般的なもぐさではなく、ほくろを除去する為に精製されたもぐさを使います。
通常お灸というと、鍼灸院で鍼灸師の資格を持つ人に施術してもらいますが、ほくろを除去する為のお灸は自宅で自分でも行えるようです。
自分でできるのは費用面からしてもお得な感じですが、取扱いや火傷などには十分な注意が必要です。

ほくろの除去の場合のお灸の使い方ですが、もぐさを直径1ミリから2ミリ程度の細さになるようにねじり、除去したいほくろに乗せて線香で火をつけます。
このお灸を1日1回で2〜3日続けます。
3〜4日目になると、ほくろの表面が乾燥してきます。
このまま放置して取れるほくろもあれば生き返るほくろもあるようです。
乾燥してこない場合は、さらにもう4〜5日の間はお灸を続けなくてはいけません。
もぐさによるほくろ除去は比較的完治が早く、インターネットなどで購入できるのでお手軽に試してみることガ出来ますね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。