凍結療法

凍結療法は、しばしばほくろ除去に使われます。

凍結療法はもともとイボやウオノメ、何らかの手術をして縫合した後、小さな組織が縫合した場所の上に飛び出してしまった場合などに使われている医療方法の一つです。
さらに、前立腺の癌のガン細胞を凍結療法で治療する場合もあります。

この凍結療法は、マイナス196度の液体窒素を綿棒などにつけて凍結させるという単純な方法で、あっという間に終わってしまいます。
凍結療法といってもほくろを焼いているような痛みが少しありますが、これはドライアイスをさわったときのような痛みや、凍傷のような痛みに似ていると言えます。

ほくろが小さければその場で溶けたようになくなってしまうものと、1週間後くらいにかさぶたができ、ポロリといつの間にかとれなくなってしまうものがあるようです。

しかし、凍結療法で除去したほくろが再発したという例も挙げられています。
これはほくろになる細胞のメラノサイトが皮膚の表面近くではなく奥のほうにあった場合に起こります。
凍結療法は、あくまでイボのような皮膚の表面に突起しているものを凍らせて細胞を破壊し、除去するという方法なので、奥のほうにあるメラノサイト細胞を破壊することはできません。

また、ほくろの大きさも小さいものや隆起しているものに限られているようで、平たいシミのようなほくろやイボ状でないほくろには向きません。
治療後の痛みはまったく無く、洗顔・入浴・化粧などがすぐ出来るという点ではとても優れた方法ですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。