Qスイッチヤグレーザー

Qスイッチヤグレーザーでほくろの除去が出来るのをご存知ですか?

このQスイッチヤグレーザーは表面が平らなほくろにのみ限って有効な方法です。

Qスイッチヤグレーザーは、ほくろ除去としてよりも、シミとり・刺青やタトゥー・アートメイクの消去に頻繁に使われている方法で、メラノサイトを破壊するのではなく、メラニン色素のみが反応します。

よって、シミのようなほくろやそばかすのようなほくろの除去に役立つようです。

このQスイッチヤグレーザー、鼻や小鼻まわりの毛穴の引き締めにもかなり効果的で、美容整形外科では毛穴縮小プランなどもあるようです。

しみ・刺青・ほくろの状態によっては数回Qスイッチヤグレーザーによる治療を行わなければいけないようですが、炭酸ガスレーザーでほくろを除去した後、Qスイッチヤグレーザーで周りや残った色素を綺麗にするなどといった方法も取られているようです。

Qスイッチヤグレーザーのいいところは、治療時間はごくごく短時間で、麻酔も必要なく、痛みも無いところです。

Qスイッチヤグレーザー施術後も、治療部分に絆創膏やテープを貼り、すぐ化粧をして帰れるなどという気軽さもあります。

Qスイッチヤグレーザー照射後は一時的に治療した部分が黒く見えることがあるそうですが、数週間後にはかさぶたになって剥がれ落ち、新しい皮膚に生まれ変わります。

新しい皮膚が強くなるまで軟膏などをぬったり、紫外線防止などをしてケアをする必要がありますが、最近ではそばかす・シミ取りのみならず、毛穴縮小で「アンチエイジング」としても、Qスイッチヤグレーザーは人気を集めているようです。

ほくろとメラノーマ

ほくろと間違えてしまいがちなメラノーマ。

メラノーマは初期のうちは単なるほくろのようにみえますが、急性進行系の皮膚癌なので、「急に大きくなる・色や形が変わる」といったことが確認されています。

ほくろだと思っていたものが急にひどく大きくなった場合は、メラノーマの可能性があります。

炭酸ガスレーザーによるほくろ除去は、簡単確実なほくろの除去方法に聞こえますが、ほくろ組織を採取できないため、病理検査ができません。

良性のほくろ(単なるほくろ)である場合は何の心配もありませんが、それが悪性の場合(メラノーマの場合や、まだ発症していなくともメラノサイトが悪性の細胞の場合)は、レーザー治療という刺激によってガン細胞(悪性の細胞)が進行したり転移したりする場合もあります。

必ず医師や専門家と相談してから、炭酸ガスレーザーでのほくろ除去をお勧めします。
また、費用においては保険適用になる場合もありますので、是非病院と相談してから行うようにしてくださいね。

炭酸ガスレーザーでほくろ除去

ほくろが気になる・・・このほくろを取ってしまいたい・・・などと思ったことはないですか?
ほくろを取るなら・・・
炭酸ガスレーザーでのほくろ除去が最も早くて簡単です。

炭酸ガスレーザーは、レーザーメスとも呼ばれていて、大きさが5mm以下の盛り上がりの少ないほくろの除去に向いています。

レーザー光線がほくろの色素細胞、メラノサイトを破壊し除去するというで、所要時間は5分から10分程度です。

実際に炭酸ガスレーザーでほくろを除去する前には、ほくろのある部分に麻酔がかけられ、その後一気に炭酸ガスレーザーで照射をするようなので、施術中の痛みもありません。

炭酸ガスレーザーの施術にともなう出血はごく少量、施術後の腫れや痛みもあまりありません。

ほくろが皮膚の外側に近いところにある場合は、一度のレーザー治療でほくろを除去することが可能ですが、奥のほうにある場合は、メラノサイトが破壊しきれず残ってしまい、2、3度治療を繰り返さないと除去できない場合があります。

炭酸ガスレーザー施術後は、ほくろを除去した部分に小さいテープや絆創膏などを貼るのみで、お化粧をする場合は翌日からできるようです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。