凍結療法

凍結療法は、しばしばほくろ除去に使われます。

凍結療法はもともとイボやウオノメ、何らかの手術をして縫合した後、小さな組織が縫合した場所の上に飛び出してしまった場合などに使われている医療方法の一つです。
さらに、前立腺の癌のガン細胞を凍結療法で治療する場合もあります。

この凍結療法は、マイナス196度の液体窒素を綿棒などにつけて凍結させるという単純な方法で、あっという間に終わってしまいます。
凍結療法といってもほくろを焼いているような痛みが少しありますが、これはドライアイスをさわったときのような痛みや、凍傷のような痛みに似ていると言えます。

ほくろが小さければその場で溶けたようになくなってしまうものと、1週間後くらいにかさぶたができ、ポロリといつの間にかとれなくなってしまうものがあるようです。

しかし、凍結療法で除去したほくろが再発したという例も挙げられています。
これはほくろになる細胞のメラノサイトが皮膚の表面近くではなく奥のほうにあった場合に起こります。
凍結療法は、あくまでイボのような皮膚の表面に突起しているものを凍らせて細胞を破壊し、除去するという方法なので、奥のほうにあるメラノサイト細胞を破壊することはできません。

また、ほくろの大きさも小さいものや隆起しているものに限られているようで、平たいシミのようなほくろやイボ状でないほくろには向きません。
治療後の痛みはまったく無く、洗顔・入浴・化粧などがすぐ出来るという点ではとても優れた方法ですね。

もぐさ

ほくろ除去の方法の一つにもぐさのお灸があります。
お灸によるほくろ除去は、特許も取得しており、信頼できる除去法のひとつです。

ほくろの除去の場合のお灸には一般的なもぐさではなく、ほくろを除去する為に精製されたもぐさを使います。
通常お灸というと、鍼灸院で鍼灸師の資格を持つ人に施術してもらいますが、ほくろを除去する為のお灸は自宅で自分でも行えるようです。
自分でできるのは費用面からしてもお得な感じですが、取扱いや火傷などには十分な注意が必要です。

ほくろの除去の場合のお灸の使い方ですが、もぐさを直径1ミリから2ミリ程度の細さになるようにねじり、除去したいほくろに乗せて線香で火をつけます。
このお灸を1日1回で2〜3日続けます。
3〜4日目になると、ほくろの表面が乾燥してきます。
このまま放置して取れるほくろもあれば生き返るほくろもあるようです。
乾燥してこない場合は、さらにもう4〜5日の間はお灸を続けなくてはいけません。
もぐさによるほくろ除去は比較的完治が早く、インターネットなどで購入できるのでお手軽に試してみることガ出来ますね。

切除法合法手術

ほくろ手術でスタンダードな手術は、切除・縫合によってほくろを除去する切除法合法です。
この切除法合法でのほくろの除去は、ごく簡単な手術で、腕の良い医師によって行われればレーザー法による除去よりも綺麗で目立たなくなります。

基本的に直径6mmを超える大きなほくろは、切除法合法が利用されます。
切除法合法は、局所麻酔をし、メスでほくろとほくろの周りを切除し、ナイロンなどの細い糸で真皮縫合・表面縫合をていねいに施し、数日後抜糸という形です。

抜糸後は手術用のテープなどを貼り、傷の拡大を防ぐようですが、術後の痛みが数日続くようです。
抜糸は基本的には約一週間後で、顔なら4、5日、手足なら約2週間と、ほくろを除去した部分にもより異なってきます。
病院やクリニックによっては、術後の傷跡の消毒のために毎日の通院消毒をする必要があります。
また、切除法合法でのほくろ除去の場合、必ずと言っていいほど傷跡が残ります。

しかし、ほくろを切除し、縫合した跡の直線が顔や手足のシワの方向に一致させるようにすれば目立たない綺麗な傷跡になり、ちょっと見たぐらいではちっとも分かりません。
切除法合法では、ほくろのサンプル(標本)をとり、病理検査をすることができ、ほくろが良性か、悪性であるかを検査できます。
大きなほくろでメラノーマなどを心配している人には、病理検査ができないレーザー法でなく、この切除法合法が適しています
切除法合法の唯一の欠点は、抜糸をするまで、傷口を直接洗えないことです。

漢方クリーム

漢方クリームでのほくろの除去は、ほくろを除去したいという人にはとても人気がある方法です。

ほくろを病院で除去する場合、それなりの費用が必要ですが、漢方クリームでのほくろの除去の場合は、1セットで数箇所のほくろ除去が可能なため、とてもお得なほくろの除去方法だといえます。

漢方クリームを使ったほくろの除去の最大のメリットといえるのは、自宅で自分自身でできることです。

漢方クリームは、日本の病院やクリニックでは使用されていません。

台湾では、ほくろ除去の民間治療として永い実績があり、この漢方クリームは、台湾でのみの発売となっています。

漢方クリームの入手方法は、個人輸入やインターネット販売で購入できます。

ほくろ除去の漢方クリームは32,000円程度で取引されています。

漢方クリームでのほくろ除去はいたって簡単で、少量のクリームを爪楊枝などで取り、ほくろの上に塗布するだけです。

ほくろは大きさ、形状、場所等によって多少の差がありますが、大体1週間から2週間ほどで、「かさぶた」のようになります。

漢方クリームでのほくろ除去は、多少しみる程度の痛みを伴います。

ほくろ除去後は赤みが残りますが、4ヶ月ほどで赤みは目立たなくなるようです。

漢方クリームのいいところは、ほくろを除去して肌荒れやかぶれを起こしにくいということです。

しかし、様々な肌質や体質があるので、全ての人に100%異常がおきないとは言い切れません。

必ず事前にパッチテストなどで異常がないか確認しましょう。

ほくろの除去の種類

何故こんなところにほくろがあるの?と悩んでいる方はたくさんいると思いますが、最近はほくろを除去してそんな悩みを解消しているひとが増えているようです。

日に当るごとに増えているような気のするほくろ。

ほくろはいったんできてしまえば消えるものではありません。

また、ほくろができる場所も選べるものではないし、ましてや色、大きさなども、私たちにはどうにもすることができません。

ほくろの除去の方法いくつもいくつかあり、ほくろの大きさや位置によっていろいろ変わるようですが、美容外科や皮膚科などでほくろ除去をすることができます。

短時間で簡単にできる炭酸ガスレーザーやQスイッチやグレーザーなどは、レーザーによるほくろの除去で、その他にも電気メスでの除去や、スタンダードな切りとってぬうという切除法合法、皮膚をくりぬくくり抜き法、ほくろを凍らせて退治するという凍結両方などもあります。

最近では、もぐさ、クリームなどを使ってのほくろの除去もあるようです。

自分自身でほくろを除去したという方もいるようですが、医師や専門家でなく自分自身や友人の手でほくろの除去を行うと、殺菌や黴菌が傷口に入ってしまい化膿したり炎症をおこしたりする可能性がたかくなるので、お勧めできません。

ほくろの除去は簡単に短時間で、比較的お手軽な値段でできるようです。

手軽にできるからこそ、信頼できる病院やクリニックを選びたいものです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。